ダイソンの「全国で偽造品を取締る第一案」の35人の被告は全部実刑判決が下され、 千万以上の罰金が科された

浏览: 作者: 来源: 时间:2021-04-26 分类:日_法律案例
ダイソンの「全国で偽造品を取締る第一案」の35人の被告は全部実刑判決が下され、 千万以上の罰金が科された

市場価格2,990元のダイソンヘアドライヤーを前にして、消費者だけでなく、以下のような偽造者たちも「心が動く」。彼らは専門的な技術者を雇って、ダイソンヘアドライヤーを分解して分析させ、独自の生産ラインを開発し、偽造、卸売及び小売専用チェーンを作った。偽造品が短期間に多くの省市に大量に販売された。

商1

2020年7月28日の朝、上海浦東新区人民法院は、当該一連の案件の主犯および主要被告である方氏、謝氏、楊氏、黄氏に対して、登録商標偽造罪で、一審判決を下した。法院は、登録商標の偽造罪で、主犯の方某に6年の有期懲役、500万人民元の罰金を科し、主犯の謝氏に5年の有期懲役、160万人民元の罰金を科した。  

一連の案件は基本的に結審した

これまで、1件の審理中の案件を除いて、ダイソンの「全国で偽造品を取締る第一案」とメディアに呼ばれる一連の案件は基本的に結審した。35人の被告は法律によって厳しく罰せられた。判決が下された案件から見れば、実際の管理者および法定代表者から、生産主管者、技術者、販売管理者、更に購買責任者、倉庫管理者まで、この偽造集団の35人の被告はそれぞれ実刑判決が下され、罰金が科された。刑期は6年から1年6か月ほど、罰金総額は1008万元に達した。

偽造のダイソンヘアドライヤーを大量に生産及び販売価格700元

上海浦東法院の審理により、「dyson」は2010年3月28日に中国で法律に基づいて登録が許可された商標であり、使用が許可された商品は第11類乾燥設備、髪乾燥器、手乾燥器などである。

2018年4月8日、方氏と謝氏は深圳市竜崗区迪美斯奥電子商行(以下、迪美斯奥商行と略称する)を設立した。実際の管理者は方氏であり、法定代表の謝氏は方氏の要請に従い、総務を担当した。

2018年5月、黄氏は迪美斯奥商行に入社し、偽造品の原料の保管や管理を担当していた。同商行は、深セン、恵州などに工場を開設し、30人余りの労働者を雇用し、他人から原料を仕入れ、労働者を組織して流れ作業生産ラインの形で登録商標「dyson」を偽ったヘアドライヤーを生産した。製品モデルとし

、欧州版、米国版、オーストラリア版、英国版があり、それに対応して多様な色なども挙げられる。生産完成後、楊氏がインターネットを通じて販売する。販売価格は1台当たり700元程度であった。

 商2

偽造品のダイソンヘアドライヤー見本

2018年12月14日、謝氏と黄氏は広東省恵州市で逮捕され、現場で、登録商標「dyson」を偽ったヘアドライヤー277台とその付属品、梱包材等、19万元余りの価値があるものが押収された。方氏と楊氏はそれぞれ住居で逮捕された。