百強家具は1196万元の損害賠償を得た! 中国家具産業史上で賠償額が最も高い商標権侵害案件かもしれない

浏览: 作者: 来源: 时间:2021-04-26 分类:日_法律案例
百強家具は1196万元の損害賠償を得た! 中国家具産業史上で賠償額が最も高い商標権侵害案件かもしれない

8月4日、百強家具董事長がメディアへの発言によると、上海知的財産法院は、百強家具VS上海朗聚、上海邦赢、ドイツ百強、馬貴福の4被告の権利侵害案件に対して、百強家具の勝訴、1196万元の損害賠償を判決した。この案件は中国家具産業史上で賠償額が最も高い商標権侵害案件かもしれない。家具産業における商標権侵害案件が多く、昨年、800万の損害賠償を受けたソフィア家具の関連商標権侵害案件が業界で話題になった。今回、百強家具が再び勝訴し、且つ高額の賠償を受けたことは業界にとって大きな励ましに違いないと業界関係者がと信じている。

 

百强家具 

 

この訴訟は3年近く続いてきた。被告の上海朗聚とその関連当事者は、何度も各級の法院に上訴したが、例外なく、原審の判決が維持された。最高人民法院は上海邦勝の再審申請を却下すると裁定した。

上海知的財産法院は百強商標権侵害と不正競争紛争をめぐって下した判決書により、上海朗聚、上海邦赢、ドイツ百強、馬貴福(以下、上海朗聚、上海邦赢、ドイツ百強、馬貴福を「上海朗聚とその関連会社」と呼ぶ)は、百強会社の登録商標専用権を侵害し、百強会社の一定の影響力のある企業名称を無断使用する行為及び虚偽宣伝する不正競争行為を実施した。それにより、上海知的財産法院は、上海朗聚とその関連会社が声明で悪影響を除去し、百強会社に1,196万元を共同賠償すると判決した。この案件は、中国家具産業史上で賠償額が最も高い商標権侵害案件かもしれない。

案件の回顧

2018年、上海朗聚、上海邦赢は家具、家具扉、板材、床などの商品を経営する際、「德国百」、「德百」、「家1」、「家2」、「家3」などの標識や文字を大量に使用し、「百強(BAIQIANG)ブランド」を自称する。百強家具は上海知的財産権法院で上海朗聚とその関連会社に対して商標権侵害及び不正確競争に関する訴訟を提起した。

上海朗聚は百強家具の商標をコピー、模倣して、複数のカテゴリーを含めて百枚くらいの商標(百強板材、ドイツ百強、德百強などを含む)の出願、登録をした。「馬雲茶具」「馬雲茶」など、有名人の名前と似ている商標も含まれている。登録商標を大量に出願する行為は、正常な市場秩序の運行規則に合わない。

上海朗聚とその関連会社はまた「ドイツ百強国際控股集団有限公司」の企業名を登録して、その加盟商システムに用いて、「百強」会社を偽装した。上海朗聚とその関連会社は、「百強板材国際控股集団有限公司の傘下企業」であり、その商品は「ドイツ百強国際控股集団栄誉出品」であると公言した。

百強会社は「百強」シリーズ商標の権利者であり、「百強」の商標は第20類家具商品への使用が認められている。「百強」の一連の商標は「百強」という屋号と合わせて百強会社の「百強」ブランドを構成している。百強会社の二十数年の持続的な使用、投資と宣伝の普及を経て、「百強」ブランドはすでに全国範囲内で高い知名度と影響力を持っているようになった。 

訴訟では、上海朗聚とその関連会社は、虚偽宣伝などの不正競争行為を実施したことがなく、上海朗聚とその関連会社はそれぞれ独立した民事主体として、共同権利侵害が存在しないと反論した。

上海知的財産法院が審理を経て、百強会社の「百強」の一連の商標は長期の使用と広範な宣伝を経て、家具業界で高い知名度を持っており、上海朗聚及びその関連会社は百強会社が保有している登録商標の専用権を侵害し、虚偽宣伝の不正競争行為を構成したと判断した。刊行物での声明で影響の除去を判決したほか、上海の知産法院は、上海朗聚及びその関連会社の権利侵害時間、権利侵害の主観的な故意、権利侵害標識などの使用状況、利潤率を総合的に考慮し、法定賠償額の最高限度額以上で斟酌した結果、上海朗聚及びその関連会社は百強会社に1196万元を賠償しなければならないと判断した。その後、上海朗聚は判決に不服し、北京市高級人民法院に上訴した。

2019年6月27日、北京市高級人民法院は、百強家具VS上海邦赢の商標権行政紛争案件に対して、二審後に終審判決を下した。邦勝の7つの商標をすべて無効とし、百強家具の訴訟要求を保護し、支持する。

最高法院の判決

二審の終審判決結果をめぐって、上海朗聚は、再び最高人民法院に再審査を申請した。近日、最高人民法院は上海邦赢の再審申請を却下する決定を下した。これは、訴訟がついに終了したことも意味する。

経験の蓄積

実際に、国内外で多くのブランドが商標権侵害の悩みに直面しており、これは個別の現象ではなく、一部の企業も同様の問題に遭遇したことがある。たとえば、日本の無印良品や古田制菓等の企業が挙げられる。

多くの中国企業では知的財産権について専門的ポートフォリオが不足している上、一部の外国企業が中国に入る前に知的財産権のポートフォリオに関する考慮が不足しているため、犯罪者に犯罪の機会を与えた。中国企業であれ、外国企業であれ、一般的には一定の知名度があれば、ブランド商標が他人に先に登録されたリスクがある。

商標は企業のイメージとアイデンティティであり、企業の発展、経営、累積の基礎であり、消費者は商品を選ぶ時、商標全体のブランドイメージによって商品の価格、品質、デザインスタイルなどの要素を判断する。商標は商品とサービスを区別する重要な標識である。権利侵害者が偽造品を生産及び販売すれば、オリジナルブランドに大きな害を及ぼす。

今後、知的財産権に対する中国政府の高度な重視と保護に伴い、国内外の企業が積極的に出撃して知的財産権の権利と利益を守るケースが増えていくと信じている。